周辺情報

ホテルWBF札幌ノースゲート周辺おすすめ情報

定番から穴場まで、レストランやショッピングスポットをご紹介致します。

札幌のほか北海道内の観光情報をRASSOグループの公式サイトで紹介中! 札幌エリア観光ページ札幌エリア観光ページ

  • ショッピングのマーカー
  • レストランのマーカー
  • 観光・スポーツ・レジャーのマーカー
  • 駅のマーカー
  • 各スポットの画像をクリックすると拡大します
札幌の玄関!JR北海道札幌駅まで徒歩1分の近さ
札幌の玄関!JR北海道札幌駅まで徒歩1分の近さ

JR北海道 札幌駅

札幌の玄関!JR北海道札幌駅  札幌の玄関口として、旅行や通勤、通学などで毎日30万人以上が行き来している「JR北海道 札幌駅」。現在の駅ビルは2003年に新しくなり、百貨店やシネマコンプレックス、ファッション、雑貨と多ジャンルの商業施設を有する「JRタワー」が同時にグランドオープンしました。ショッピングやアミューズメントといった娯楽で訪れる人も多い駅です。札幌市営地下鉄の「さっぽろ駅」とも直結しているほか、大通公園やすすきのまでつながっている地下歩道もあり、雨や雪でも濡れることなく行き来できます。 札幌の玄関!JR北海道札幌駅 ここから、札幌や北海道内の観光へスタートしてください。
ホテルWBF札幌ノースゲートは、札幌駅北口から徒歩1分の近さです。

≫≫  JR北海道 札幌駅構内図

札幌スタイルショップ
札幌スタイルショップ

札幌スタイルショップ

札幌スタイルショップ 商品1  JRタワーイースト6Fの「JRタワー展望室 タワー・スリーエイト」入り口にあるアンテナショップ。「札幌らしさ」があるかどうかを基準にして認定された、「札幌スタイル」の商品がずらりと飾られています。手作り作家やクリエイター、製造業などいろいろな分野で働く人々が「札幌」をモチーフに完成させた作品は、手に取ると土地の空気が感じられそうです。カバンや便箋、キャンドル、ペンケース、雑貨といった普段から使える物もたくさんあり、値段も手頃なことから、プレゼントや自分用にと購入する人も多いとか。札幌スタイルショップ 商品2
定番のお土産とは一味違ったものを探している人におススメのショップです。インターネット通販で購入可能なものもあるので、詳しくはHPでご確認ください。

≫≫  札幌スタイルショップ

アピア
アピア

アピア

アピア02  札幌駅前の広場下の地下に広がるショッピングモール。「フードウォーク」「マーケットウォーク」「ファッションウォーク」とゾーンに分かれ、用途に沿ってお店が集まっているので、お目当ての店舗まで迷わずに行けます。地下鉄やバス、JRへと乗り継ぐ途中のルートにあるので、乗車までの少ない時間でもショッピングが楽しめる施設として、市民から親しまれています。自然の柔らかな光が入る「太陽の広場」は、腰を下ろせるベンチがあり、ちょっとした休憩にピッタリ。 アピア03 フリーのWiFiも利用できるので、次の目的地のことや、北海道内の人気の観光地情報をサクサク検索することができますよ。

≫≫  アピア

札幌ステラプレイス
札幌ステラプレイス

札幌ステラプレイス

札幌ステラプレイス2  2003年に開店した「STELLAR PLACE」は、札幌駅南口の駅ビル内にある複合商業施設です。センターとイーストの2つのゾーンに分れ、地下1階から地上9階に、レストランやファッション、本屋、楽器店といった多種多様なジャンルのテナントが約200ほど入居。札幌ではここにしかないお店もあります。7・8階のシネマコンプレックス「札幌シネマフロンティア」は、道内最大級の動員数を誇る人気のスポットです。駅に隣接しているので、旅の途中に映画を一本観る時間も入れてみてはいかが?札幌ステラプレイス3  イースト6階のダイニングのほか、各フロアにカフェや休憩場所が点在。待ち合わせや乗車までの隙間時間に、気軽に利用できるおススメのショッピングゾーンです。

≫≫  札幌ステラプレイス

パセオ
パセオ

パセオ

パセオ2  JR札幌駅を中心に地下1階と地上1階の東西に広がるパセオ。5つのゾーンで約200の店舗が営業しています。ファッションや雑貨、コスメなど個性豊かなショップが並ぶ施設内は、ふらっと歩いているだけで自分好みのアイテムに出合えそう。飲食店は、カフェからレストラン、居酒屋まで、札幌でも人気のお店がたくさんあり、グルメの人も満足できると評判です。センター地下1階にイベントスペース「テルミヌス広場」があり、年間を通してさまざまな催しを実施しています。パセオ3 イスやベンチといった休憩スペースも程よく設置され、ゆったりと腰を下ろしてくつろぐことができます。出発時間の直前までお買い物を楽しんでください。

≫≫  パセオ

エスタ
エスタ

エスタ

エスタ2  札幌駅と直結し、バスターミナルを備えた地下2階地上11階建ての商業ビル「ESTA」。家電量販店や衣料、100円ショップ、ゲームセンターなどさまざまなテナントがそろっています。世界最大のワンフロア大型店舗としての「ユニクロ」や、北海道ラーメンのフードテーマパーク「札幌ら~めん共和国」といった話題のスポットも豊富。9階のアミューズメントゾーンでは、期間限定のイベントが開催されることもあるそうです。
エスタ3 中でも地元民に人気なのは、スイーツや惣菜、お弁当、生鮮食品店舗が入居している地下1階「エスタ大食品街」。おいしいものが手頃な価格で買えるので、お友達やグループで行ったときは、それぞれのお気に入りを食べ比べてもいいですね。

≫≫  エスタ

ザ・ダイソーサツエキBRIDGE店
札幌ステラプレイス

ザ・ダイソーサツエキBRIDGE店

ザ・ダイソーサツエキBRIDGE店2  札幌駅の西側ガード下ビル「サツエキBridge」の2階にあり、ホテルWBF札幌ノースゲートからは歩いてすぐの距離です。同店の真上を列車が通りますが、駅から近いので減速をしているため、振動や響きはそれほど気になりません。生活用品をメインにそろえられている店内は、旅行に欠かせない衛生用品やちょっとしたビジネスに役立つ品も豊富に用意されています。急に宿泊が決まって荷造りがしっかりできなかった人も、ホテルにチェックインしてからのんびり準備が可能ですよ。ザ・ダイソーサツエキBRIDGE店3
 
営業時間:10:00~21:00
※JR北海道が発行しているICカード「Kitaca」での支払いもOK

≫≫  ザ・ダイソー

紀伊國屋書店 札幌本店
札幌ステラプレイス

紀伊国屋書店 札幌本店

紀伊國屋書店 札幌本店2  札幌駅西口の「紀伊国屋書店 札幌本店」は、店内蔵書は100万冊以上の大型書店です。1971年に大通で開業した同店は、2005年に今の場所へ移転。売り場面積は1階2階を合わせて4300㎡と広々しています。マンガや雑誌、小説などのほか、DVDや海外書籍も充実しています。本探しにちょっと疲れたら、数カ所設置されているベンチや2階のカフェで一休み。2階はギャラリースペースも設けられていて、いろいろな個展や展覧会が開かれています。 1階の入り口広場(インナーガーデン)では、お話し会やサイン会といったイベントも定期的に開催。
列車やバス、ホテルでの時間を読書で過ごしてみてはいかが?

営業時間:10:00~21:00
定休日:年中無休

≫≫  紀伊國屋書店 札幌本店

ヨドバシカメラ マルチメディア札幌
札幌ステラプレイス

ヨドバシカメラ マルチメディア札幌

ヨドバシカメラ マルチメディア札幌2  ホテルWBF札幌ノースゲートの隣にある「ヨドバシカメラ マルチメディア札幌」は、4~7階に650台収容可能な駐車場を完備した7階建ての店舗。1~3階の販売フロアは生活家電のほか、化粧品や文房具、パソコンや携帯のアクセサリーといった品ぞろえ豊富です。出張や旅の途中に緊急で必要になったら、ネットでお店の在庫をチェックして注文をすれば、店頭引き取りもOK。在庫があれば最短30分で用意してくれるなど、サービスも充実しています。
気になっていた商品の実物を見に行くだけでも楽しめますよ。

営業時間:9:30~22:00
定休日:年中無休

≫≫  ヨドバシカメラ マルチメディア札幌

よつ葉ホワイトコージ 札幌パセオ店
よつ葉ホワイトコージ 札幌パセオ店

ミルク&パフェ よつ葉ホワイトコージ 札幌パセオ店

よつ葉ホワイトコージ 札幌パセオ店2  パセオ西側の飲食店街地下1階にある「ミルク&パフェ よつ葉ホワイトコージ 札幌パセオ店」は、北海道の乳業メーカー「よつ葉乳業」の直営店です。パフェやソフトクリームがおいしいのは、乳原料に十勝を中心に道内の酪農家さんが育てたウシの生乳を使っているから。ミルクそのものの味を堪能できるパフェは、自慢の逸品です。パフェはレギュラーサイズのほか、お財布にちょっと優しい価格のスモールサイズもあります。食べ比べをしたい人や学生さんに、お小遣いの範囲で注文できると好評です。よつ葉ホワイトコージ 札幌パセオ店3ワッフルやスパゲティなどの軽食のほか、季節ごとの限定メニューもあります。中でもランチ(11:00~14:00)は6種類のボウルメニューにサラダ、ソフトクリーム、ドリンクがついて1000円とお得。お食事を注文すると、コクがあると評判のよつ葉牛乳一杯(ミニサイズ)無料のサービスも受けられます。
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:パセオ休業日

≫≫  ミルク&パフェ よつ葉ホワイトコージ 札幌パセオ店

エレクトリックシープバー
エレクトリックシープバー

電気羊酒場(エレクトリックシープバー) JR55ビル店

エレクトリックシープバー2  札幌駅西口からすぐにある、JR55ビル7階にあります。シックで落ち着いたインテリアとこだわりの照明で、アーティスティックな雰囲気を楽しめるBARとして人気。札幌駅周辺では珍しく、遅い時間までリラックスして過ごせるので、2次会やカップルで利用する人が多いそうです。19時までに入店・注文をすると、特別なサービスをしてもらえる時もあるとか。飲み放題やパーティーといったお得なプランも実施しています。ドリンクメニューが豊富で、お店オリジナルや季節限定など、おしゃれでかわいいカクテルがいろいろ楽しめます。エレクトリックシープバー 3お酒が進む、フードメニューもそろっています。窓に面したカウンター席は、線路を眺められると人気。お好みのカクテルを飲んで、列車や夜景をのんびり見なが札幌の夜を過ごしてみませんか? 
営業時間:17:00~翌3:00
定休日:年中無休

≫≫  エレクトリックシープバー

SALVATORE CUOMO & BAR 札幌
SALVATORE CUOMO & BAR 札幌

SALVATORE CUOMO & BAR 札幌

SALVATORE CUOMO & BAR 札幌  本格的なナポリピッツァが食べたい人に「SALVATORE CUOMO & BAR 札幌」がぴったり。おいしいワインと世界No1といわれるピッツァがカジュアルに楽しめます。ランチブッフェ(平日:大人1480円、休日:大人1680円)は、ピッツァやパスタ、前菜、サラダ、デザートを好きなだけいただけて、さらにドリンクの飲み放題付きと、とってもお得です。
15時からのカフェタイムはドルチェセットやピッツァセットが楽しめ、ディナーはピッツァはもちろん、アンティパストやお肉・お魚料理などメニューも豊富。お昼から深夜まで、それぞれの時間帯で、お好みの一品を味わってください。イタリアでは生活の一部になっている「ピッツェリア・バール」を体感してみて。
 
レストラン営業時間:(月~土)=ランチ11:00~15:00(LO14:30) / ティー15:00~17:00
          ディナー17:00~26:00(LOフード25:00/ドリンク25:30)
          (日・祝日)=ランチ11:00~15:00(LO14:30) / ティー15:00~17:00
          ディナー17:00~24:00(LOフード23:00/ドリンク23:30)
定休日:年中無休

≫≫  SALVATORE CUOMO & BAR 札幌

炙屋 札幌駅南口店
炙屋 札幌駅南口店

炙屋 札幌駅南口店

炙屋 札幌駅南口店  職人さんとのおしゃべりが楽しめる大きなカウンター席やテーブル席のほか、ほりごたつの個室(有料)でプライベートにゆっくり食事を楽しむことができる居酒屋です。鮮度抜群の野菜のほか、シシャモやホッケ、サンマ、ホタテ、タラバガニといった、北海道の近海でとれた新鮮な魚介類がおススメ。刺身やお寿司で食べてもおいしい素材は、炭火で味がさらに凝縮すると評判です。他にも、煮付けやから揚げ、バター焼きなどの一品料理がたくさんあります。季節でしか食べられない旬のメニューもあるので、利用する前にチェック! 北国の山海の恵をおなかいっぱい食べてください。
 
営業時間:17:00~23:30(LO22:30)
定休日:年中無休(年末年始を除く)

≫≫  炙屋 札幌駅南口店

咲か蔵 札幌北口店
咲か蔵 札幌北口店

咲か蔵 札幌北口店

咲か蔵 札幌北口店  少人数から利用できるほりごたつの個室や、ソファ席のカウンターなどゆったりできるお店として人気です。「産地直送の白ハマグリのガンガン焼き」や「自慢の手仕込み 炎の炙りシメさば」といった、お酒にぴったりのメニューがたくさん。定番の刺身の盛り合わせやザンギ、ポテトフライといった料理のほか、北海道では珍しい「馬刺し」がいただけます。他にも、ダシがおいしいと評判の「蟹ぶっかけ出し巻き玉子」、さらっと食べられる「炙りタラコのお茶漬け」咲か蔵 札幌北口店など、胃袋を満たしてくれるものがいっぱい。飲み物の種類もいろいろあるので、飲み食べ比べを楽しんでください。
 
営業時間:月~金=17:00~24:30 / 土日・祝日=16:00~24:30
定休日:年中無休

≫≫  咲か蔵 札幌北口店(ホットペッパーサイト)

くし路 新北海道ビル店
くし路 新北海道ビル店

くし路 新北海道ビル店

くし路 新北海道ビル店  木をふんだんに使用した落ち着いた造りの店内は、全席が和風のほりごたつ。くつろいだ空間で、釧路名物の炭火炉ばた料理が味わえます。席は全て仕切られているので、小さな子どもと一緒でも気兼ねなく食事ができるとファミリー客にも好評です。ディナータイムでは、さっぱりとしたくずそうめんやじゃこめしのほか、グラタンやステーキなどボリュームたっぷりのメニューもあるので、幅広い年代の人が利用しやすいお店です。観光や仕事で疲れても、宿泊先のホテルWBF札幌ノースゲートの向かえにあるので、移動は楽々ですよ。平日のランチも評判なので、足を延ばしてみはいかが?
 
営業時間:ランチ(月~金)=11:30~14:30 / ディナー=17:00~23:30
定休日:年中無休(年末年始除く)

≫≫  くし路 新北海道ビル店