• JP

Facilities

朝食会場、EVホール、フロントもアートに包まれて。

Facilities

ラウンジサービス

アートな空間でゆったりと。

「旅の途中」

アートステイなんばでは、ラウンジサービスをご用意しています。
1階レストランにて、ラウンジサービスのご提供時間内は何度でもご自由にお楽しみください。

コーヒー、紅茶、ワインなど季節に応じてご提供。 今ならホテルWBFグループの会員プログラム「Club WBF」メンバー様は全員無料でお楽しみいただけます。 大きく羽ばたく鳥や、微笑む山、不思議な生き物たちが描かれた空間でゆったりとお寛ぎください。

「旅の途中」

EVホール

「旅の途中」川内 倫子

「旅の途中」photo by kawauchi rinko

写真家、川内倫子による映像作品に浸れる二つとない美しい空間です。「旅の途中」とつけられたそのエレベーターホールを通り客室へ向かい、そして街へ出る。 旅の途中のつかの間に、時や場所の感覚が解き放たれ何かを思い出すかもしれません。

「日々目にした景色や出会う人、もの。すべては過ぎ去って、だいたいのことは忘れてしまうけど、記憶の片隅にはきっと残っている。
ふとした瞬間にかつて見た景色が蘇り、身体のどこかに刻まれていたことにはっとする。
きょう見たこともきっとまた忘れる。旅の途中の車窓の、流れ行く景色のように過ぎ去っていくだろう。でもそれもまた自分のなかの一部になっているのだ。」

「旅の途中」

朝食会場

「飛行する物語」淺井 裕介

「飛行する物語」

堺筋に面した淺井裕介による「飛行する物語」。今までに滞在制作をした様々な土地にて採取をしてきた土を生成し、泥絵具として用い壁紙の上に描かれ空間構成されました。天井に大きく羽ばたく鳥や、笑みを浮かべた山、小さな動植物や不思議な生き物たち。洞窟に居るように守られながら、どこまでも広がる地を思い起こさせる空間は、まだ見ぬ地へと気持ちをいざなってくれるようです。

「土を掘ることはある意味どんな観光よりもその土地へダイレクトに触れる行為でありそこからは生き物としての原点ともいえる温もりを感じます。
同じような色のはずである土色という言葉の中に、パッと見ただけでは土だとは思ってもらえないほどにこんなにも豊かなものがあったのかと毎回驚きつつ絵を描き進めます。

「飛行する物語」

フロント・ロビー

お客様のお越しをあたたかくお出向かえいたします。

フロント・ロビーフロント・ロビー

フロントやロビー、廊下などにも、Artの雰囲気が薫る子どもたちの絵やサインが溢れています。また、スタッフが大阪の観光名所や美味しいお店に関してなど、旅のお手伝いをいたします。 おくつろぎのひとときを、Artに浸りながらお過ごしください。

フロント・ロビー

館内施設

ご連泊には欠かせない、ランドリーコーナーやクリーニングサービス、
また、携帯充電器やズゴンプレッサーなど、無料の貸出品も多種にわたってご用意しています。
お気軽にスタッフまでお申しつけください。(貸出品には数に限りがございます。)

館内設備

  • 宅配便取扱
  • クリーニングサービス
  • ランドリーコーナー(1F)
  • 自動販売機(1F)
  • 製氷機(1F)
  • シャンプーバー(1F)

貸出備品

  • 毛布
  • アイロン
  • アイロン台
  • ズボンプレッサー
  • ワインオープナー/栓抜き
  • 携帯充電器
  • 爪きり
  • 裁縫セット