歩いていけるスポットも盛りだくさん。
古い町並みから、新しい観光場所まで…

歴史ある建物やショッピングなど、青い海に青い空に負けない、
お気に入りの場所を見つけてみてください!
もちろん、車や船での遠出も楽々アクセスOK!

ホテルから徒歩3分。2015年3月に旧三越跡に新しくできた観光や体験することに特化した施設。施設内には、吉本興業の「よしもと沖縄花月」や「沖縄おもろおばけ屋敷」。忠孝酒造からは、自分だけの世界に一つだけのオリジナル泡盛が作れる「忠孝マイブレンドショップ」子供に大人気のポケモングッズが数多く並ぶ「ポケモンストア」サントリーからは日本全国各地の厳選された食材をバーベキューで楽しめる「サントリー・ザ・プレミアムモルツ」人気アニメをイメージしたコスメや雑貨を取り揃えた「Anime Cosme」
老若男女、どなたでも楽しめる施設です。那覇にお越しの際は一度お試しくださいませ。

第一牧志公設市場

第一牧志公設市場公式サイト

ホテルから徒歩4分。国際通りのむつみ橋交差点の市場本通りのアーチをくぐり、200m程まっすぐ進むと、右手に第一牧志公設市場があります。色鮮やかな野菜や魚介類が並んでおり、テビチ(豚の足)やチラガー(豚の顔)等の、沖縄特産品が販売されています。2階には食堂があり、市場で購入した食材を調理してくれるので、新鮮な沖縄の郷土料理が楽しめます。

やちむん通り

壺屋やちむん通り会

ホテルから徒歩約10分。やちむんとは、沖縄の言葉で焼きもののこと。約330年前、琉球王府が各地に散らばっていた陶工を壺屋に集めたのが、壺屋焼の歴史のはじまりです。スージグヮー(路地)や石畳、石垣、赤瓦の屋敷、ウガンジュ(拝所)など、昔ながらの面影を残す通りに、技を受け継ぐ窯元、やちむん通りはやちむん・シーサーの販売店、骨董店、飲食店が軒を連ねています。

ホテルから車で約10分、徒歩で約25分。那覇市内にある数少ないビーチ。市内にありながら、澄んだ青い海を楽しめます。夏場の海水浴シーズンはもちろん、青い海に癒しを求める人にも人気で一年を通して楽しめる観光スポット。

ホテルから車で15分。金城町の石畳は、16世紀に首里城から那覇港や沖縄本島南部へ通じる主要道路として整備されました。現在では戦火をまぬがれた約300mの石畳が残るのみですが、周辺には赤瓦屋根の民家が立ち並び琉球王国時代の歴史を感じることができます。人気ドラマ「ちゃらさん」の撮影地もあります。

2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界文化遺産に認定。 琉球王国時代の外交・貿易が盛んな時代を支えた歴史的な遺産群があります。4度の焼失した首里城、一度は琉球大学のキャンパスになりましたが、琉球大学が移転後復元作業が進められました。赤と白が織りなす幻想的な景観を是非一度お楽しみください。

豊崎美らSUNビーチ

豊崎美らSUNビーチ

ホテルから車で約30分。那覇空港から一番近いビーチ。バーベキューやマリンスポーツ、本格的なリゾートカフェ「KAI」や近くには、沖縄アウトレットモールあしびなー、様々な飲食店が並ぶ「TOMITON」があります。夏限定の特設バーやマラソン大会、爬龍船競争(ハーリー)大会が行なわれるなど1年を通して、イベントも行われています。

ホテルから車で約30分。モノレール赤嶺駅下車、無料送迎バスあり(送迎バスの時刻表等はウミカジテラス公式サイトからご覧下さい)。「瀬長島ウミカジテラス」とは、那覇空港から車で約15分の瀬長島西海岸に隣接した傾斜地に展開する商業施設です。2015年夏、沖縄・那覇空港隣に癒しと感動のアイランドリゾート誕生。沖縄ならではの果物・野菜、地産メニューを中心にしたグルメ・スイーツショップ、Made in OKINAWAのジュエリーやクラフトショップが絶好のロケーションと融合する、沖縄の新しい観光・ショッピングスポットです。

琉球温泉 龍神の湯

龍神の湯 公式サイト

ホテルから瀬長島の地下1,000mから湧き出る天然温泉は、毎分500ℓの豊富な湯量と50℃の高温泉で、成分は身体を芯から温める効果があり「子宝の湯」とも言われています。その天然温泉を贅沢に使用した大露天風呂に入りながら、西海岸に広がる雄大なロケーション、慶良間諸島に沈む夕陽の絶景など「龍神の湯」で至高の癒しをお楽しみください。

おきなわワールド-文化王国・玉泉洞

おきなわワールド公式サイト

ホテルから車で約40分。南城市のおきなわワールド-文化王国・玉泉洞。連日迫力のエイサーや獅子舞等の公演が行われています。国内最長の5000m(公開されているのは890m)、 鍾乳石も国内最多の100万本以上ある玉泉洞があります。

北谷・アメリカンビレッジ

アメリカンビレッジ公式サイト

ホテルから車で約40分。沖縄でちょっとオシャレにアメリカンな雰囲気を楽しむなら北谷・アメリカンビレッジがおススメです。アメリカングッズを数多く取り揃えている「アメリカンデポット」、恋人たちの人気スポットで北谷のシンボルマークともいえる観覧車、名前のまま夕日がきれいなビーチ「サンセットビーチ」やその隣にある「ちゅらーゆ」、他にも野球場にテニスコート、ジムや陸上競技場まであり、充実した1日を過ごせる街です。近くにはマリンスポーツを楽しめるアラハビーチ、サーフィンが楽しめる宮城海岸があります。国籍問わず多種多様な人達が集まりまさにアメリカンな街でもあります。

斎場御嶽 世界文化遺産

南城市公式サイト 斎場御嶽

ホテルから車で約50分。2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界文化遺産に認定。パワースポットとしても有名な斎場御嶽。御嶽とは、南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で斎場御嶽は琉球開びゃく伝説にもあらわれる、琉球王国最高の聖地です。御嶽の中には、六つのイビ(神域)がありますが、中でも大庫理・寄満・三庫理は、いずれも首里城内にある建物や部屋と同じ名前をもっています。当時の首里城と斎場御嶽との深い関わりを示すものでしょう。はるかなる琉球王国時代、国家的な祭事には聖なる白砂を「神の島」といわれる久高島からわざわざ運び入れ、それを御嶽全体に敷きつめました。その中でも、最も大きな行事が、聞得大君の就任式である「お新下り」でした。斎場御嶽は、琉球国王や聞得大君の聖地巡拝の行事を今に伝える「東御廻り」(アガリウマーイ)の参拝地として、現在も多くの人々から崇拝されています。

ホテルから車で約1時間。ダイビングやシュノーケリングのスポットとして有名な万座毛。沖縄本島のほぼ中央に位置し、隆起サンゴの断崖から臨む東シナ海は、海中のロケーションと共に海の色合いを変化させ、とても綺麗で雄大な景色が広がります。『万座毛』の由来は、「万人も座する草原」。『毛』とは、野原のこと。隆起サンゴの台地の上には、天然の芝が広がり、その周りの植物群落は、県の天然記念物に指定されている。

ホテルから車で約2時間半、バスで3時間。海洋博記念公園内にある沖縄最大の水族館。美ら海水族館。ギネス記録に認定されたこともある巨大なスクリーンで大迫力の優雅にジンベイザメやエイをお楽しみいただけます。他にもイルカショーや深海魚を観察できる場所があり、沖縄で人気の観光スポットのひとつ。